うつ病の正しい知識をもって診断をしてもらいましょう

いつでも心と身体が元気であるために

うつ病から復帰する方法

悩む人

うつ病だと診断された時に、気にかかることが職場や学校への復帰の方法です。うつ病を良くしながら、復帰を目指すために覚えておくべきことや、その他に気をつけるべきことを説明しています。

うつ症状が出る病気の種類

女性

うつ症状が出る病気は、一つだけではありません。世間一般でうつ病と呼ばれているものには、医学的な診断で複数の病気に分類されるものが含まれていることがあるので知っておくと良いでしょう。

うつ病はどのような病気か

看護師

うつ病は正しい知識で治すべき病気です

勘違いしている人も多いのですが、うつ病は本人の問題ではなく治すべき病気なのです。うつ病を良くするためには、この認識を持つことが大切です。うつ病になることを恥ずかしいと思ったり、診断を敬遠したりする必要は何もないのです。うつ病はかかる人も増えていますが、研究が進んだことにより治る人も増えています。まずは、うつ病に関する正しい知識を学びましょう。そして貴方自身や、貴方の身近な人のうつ病をゆっくりと治していくために、何が必要になるのかを考えるための基礎にするのです。一つ一つ知識を固めることが肝心です。

うつ病を発症する原因は何なのか

現在の医学研究でも、うつ病が発症するメカニズムは完全には特定されていません。しかし、発症する原因はある程度特定されています。それは環境的要因と身体的要因の二つが、複合的に重なっていることです。環境的な要因として大きいと考えられているのが、対人関係などの社会的なストレスです。特に責任感が強く悩みを打ち明けることが難しい人は、このストレスを抱えやすいのです。またその他にも、引っ越しや転職などで環境が大きく変わることも、精神と身体の大きな負担になってしまうことがあります。次に身体的な要因で大きいことは、遺伝的な要因や運動不足などが影響していると考えられています。うつ病は、セロトニンなどの体内に必要な物質が不足することで発症します。そのため、精神的なストレスだけではなく、体質や健康状況も大きな要因であると考えられているのです。うつ病の診断では、これらの要因を総合的に判断しながら、治療の仕方を決めることになります。

うつ病ではどのような症状が出るのか

うつ病の症状として代表的なのは「抑うつ」と呼ばれている症状です。気分の落ち込みが長く続き、悲しみや怒りなどのネガティブな感情が強くなります。うつ病の診断には、この抑うつ症状の有無や程度が基本的な診断基準になります。次に多い症状が、意欲や思考力の低下です。うつ病にかかると、それまでは興味があったこともやりたくなくなり、必要なことだと考えていても実行できないようになります。そして考えがまとまらないようになり、同じことを集中して考えることができなくなったり、逆にいつまでも同じことを考え続けてしまったりするようになります。またうつ病では、感情や思考などの脳の機能だけではなく、身体面にも症状が現れます。主な症状として、眠れなくなったり眠りすぎたりする睡眠障害や、体から疲れが取れずいつまでも疲労感が残ります。朝など特定の時間帯に特に症状が悪化することが多いという特徴があります。また痛みやしびれなどが強く出ることもあります。

うつ病治療の正しい手順

ドクター

うつ病を治すためには、まず医師の診断を受けることが必要です。うつ病には、その他の似た症状を持つ病気もありえるため、正確な診断を受けて指示のもと治療をすることが必要なのです。

良いクリニックを選ぶ

女性

うつ病と診断され、しっかりと治療するためには患者にあったクリニックを選ぶことが急務です。そのため今からクリニックを探す方や、今後の参考にしたいという方へ、クリニックの選び方を説明します。

Copyright © 2017 うつ病の正しい知識をもって診断をしてもらいましょう All Rights Reserved.